COLUMN

2020.11.10 お役立ちアイテム

【快適ライフ!1本で完結の充電ケーブル】今流行りの3in1ケーブルとは?

【快適ライフ!1本で完結の充電ケーブル】今流行りの3in1ケーブルとは?

様々な機器を持ち歩いていると、充電する際に充電ケーブルがたくさん必要になってしまいますよね。それをたった1本で充電可能にするのが、今流行りの「3in1ケーブル」です。

このケーブル1本で、ほとんどのデバイスに対応することができるので、今までの煩わしさから解放されます。今回は3in1ケーブルとは一体何?という方向けに詳しく説明していきます。

3in1ケーブルとは?

3in1ケーブルとは、microUSBコネクタ、Lightningコネクタ、USB Type-Cコネクタの3つのデバイスがついたケーブルのこと。コネクタカバーを入れ替えすれば、3つのタイプに使用でき、様々な充電に使える優れもの。

 

では、3in1ケーブルについている3つのコネクタについて、説明していきましょう。

コネクタの種類

①microUSBコネクタ

デジタルカメラやドライブレコーダーなどに使用可能のUSBコネクタです。モバイルバッテリーの充電もできる定番のコネクタです。

 

②Lightning(ライトニング)コネクタ

iPhoneやiPadなどの充電ではお馴染みのライトニングケーブル。Lightningコネクタは、Apple社が独自開発した技術でApple製品にしか使えないものです。充電する際に接続することはもちろんパソコンと接続してデータ転送する際にも使用できます。このコネクタの特徴は両面の区別がないのが特徴です。充電する際、向きを確認する必要がなく楽に充電ができます。通信速度も速くなり、データ転送にかかる時間も短縮できます。

MFiロゴがあるか確認しましょう。

Apple社純正品以外にも、様々なメーカー・ブランドがLightningコネクタのケーブルを販売しています。いろんな種類から選ぶ際に、MFi認証取得があるかどうかを確認しましょう。Apple社から認定を受けた製品は、MFi認証のロゴがついています。

MFi認証対応だと所得済みでないものよりコネクタ部分の故障もしにくく、安全に使用することができます。

③USB Type-Cコネクタ

今までは主にAndroidスマートフォンなどに採用されていたのですが、2015年に12インチMacBookが発売されて以降、充電用ケーブルに急速に採用され始めました。今では最新のゲーム機などへの充電も可能です。このコネクタも両面の区別がなく、ケーブルを差す際に向きを確認せず充電が可能です。

3in1ケーブルの魅力

  1. 場所を取らない、邪魔にならない(ケーブル1本でほとんどのデバイスを充電可能)
  2. 持ち運びに便利(絡まる心配もない!取り出しもスムーズにできる)
  3. 費用がかからない(ケーブルを3本買う必要がない)
  4. 手間がかからない(充電コードを抜き差しせずに別の端末の充電が可能)

充電時にUSBポートが1つの場合、色んな機器を充電したいとなると、1本ずつ外して充電して…と、とても面倒ですよね。3in1ケーブルを使用すれば、1本で対応できます。また、3本分の費用もかからずコスパも良い!など様々な魅力があります。

ケーブルの長さは?

購入する際に、ケーブルの長さを迷うかもしれません。どれが良いかは人によって異なると思いますが、各長さの特徴について確認していきましょう。

  • 50㎝ケーブル
    • 短めなので、モバイルバッテリーなど持ち運び用に最適。デスク周りで使用する際にもスマートに操作できる長さです。
  • 1mケーブル
    • 純正品がこの長さ。一般的に充電するといったらこの長さです。充電しながら、ゲームや動画を見たりすることができる長さです。また、お出かけ時にバッテリーを鞄にいれたままスマホを操作することも可能な長さです。
  • 1.5mケーブル
    • 純正品が少し短いと思ったり、あともう少し長ければ快適にスマホが操作できるのに…といった方におすすめの長さ。
  • 2mケーブル
    • ベッドで寝ながら充電したい、他の部屋から充電したいなどにも対応できる長さです。

いろいろな長さが選べるので、用途別に使い分けしても良いですね。自分のお好みの長さを購入してみてください。

3in1ケーブルの魅力は伝わったでしょうか?   これ1本で、ほとんどのデバイスを充電できる優れものアイテム。使ったことがない人はぜひ1度購入して便利な3in1ケーブルを試してみて下さい。その便利さがクセになるかもしれません!

MOTTERU製品の3in1ケーブルの詳しい内容はこちら↓

COLUMN CATEGORY

NEW ARRIVAL