COLUMN

2021.02.09 ケーブル

【TypeーC搭載iPad Proやスマホで有線イヤホンが使える】高音質の音楽を聴くなら「有線」がおすすめな理由

【TypeーC搭載iPad Proやスマホで有線イヤホンが使える】高音質の音楽を聴くなら「有線」がおすすめな理由

誰にも邪魔されることなく好きな音楽を自由に楽しもうと思ったら、やはりイヤホンで聴くのが一番です。
イヤホンは改良を重ね、有線やワイヤレスイヤホンといったように種類も増えてきており、
日常生活で使っている人も多いのではないでしょうか。
実は有線イヤホンにはスマホ音楽の原音を高音質で聴くことができるというメリットがあるのです。

このコラムでは、高音質でスマホ音楽を楽しめる有線イヤホンの魅力をご紹介します。

原音に近い音質を求めるなら「有線」が必要な理由

有線イヤホンを使うと、音楽などを聴くときに原音に近い高音質で聴くことができます。
また、音が突然飛んでしまったり、微妙にズレたりすることもありません。
ワイヤレスイヤホンでは音声データの圧縮・解凍が必要ですが、その過程においてわずかにタイムラグが生じることがあるため、音ズレの原因になることがあります。

有線イヤホンならこうした圧縮・解凍のプロセスを踏む必要がないので、音ズレなどもなく原音に近い高音質で聴くことができるのです。有線だからこそのメリットを活かしてより音楽を楽しむことができます。

音楽データを圧縮する必要がない

有線のイヤホンは音質の面でも優れています。
ワイヤレスイヤホンの場合、そのまま流すには重すぎる音声のデータ量を、スマホからBluetoothを用いて音を転送する際に、まずコーデックという方式で圧縮します。その上で、イヤホン側で解凍をして音を流す、というプロセスを踏むのです。

有線のイヤホンの場合はこのようなプロセスが必要ないので、原音の音質を保ったまま音を流すことができます。Bluetoothは、電波の強さや圧縮形式、転送速度など音質を左右する要素を多く持っていますが、有線イヤホンならそれらを気にする必要はありません。そのため、原音に近い音質を楽しむことができるのです。

充電切れの心配がない

有線イヤホンの場合、充電する必要がありません。有線イヤホンなら、電力を消費ぜずいつでもどこでも原音の音質を保ったままの音で聴き続けることが可能です。また充電切れがないので、外出時も安心して音楽が聴けます。

ほかにも無線に勝る有線のメリット

有線イヤホンは音質が良いだけではありません。
音質以外にも、有線イヤホンで音を聴くことで得られる様々なメリットについて以下でご紹介します。

音楽やゲームで音ズレせず楽しめる

ワイヤレスイヤホンの場合、接続中のゲーム機との間に電化製品や扉などの障害物などがあったり距離があったりすると、通信状態が不安定になり、音ズレを起こすことがあります。有線イヤホンなら、ゲーム機などのデバイスとの距離がないので音ズレを起こすことはありません。

また、有線イヤホンはBluetoothやWi-Fiと混線することがありません。ワイヤレスイヤホンの場合は使用している電波周波数が2.4GHzであり、Wi-Fiや電子レンジ・テレビと同じなので相互干渉を起こすことがありますが、有線イヤホンならそのような心配はありません。

接続に手間がかからない

有線イヤホンは、ジャックを挿すだけで手軽にデバイスと接続することができます。
この便利なところも有線イヤホンが優れている点です。
ワイヤレスの場合、Bluetoothによって様々な機器同士を無線でつなぐことができますが、そのためには最初にペアリングという作業が必要になります。

ペアリングは、互いの機器を認識し、お互いに通信させることで自分のデバイスの音を聴くために必要です。
有線イヤホンなら、ジャックを挿すだけで完了するのでペアリングの必要はありません。

豊富なラインナップから選べる

有線イヤホンにも、装着する耳の形が密閉型のカナル型や、開放型のインナーイヤー型、フックで耳にかける耳掛け型などの豊富な種類があります。
また、音質にこだわったハイレゾ対応のものやノイズキャンセリングにこだわったもの、スポーツ中でも安心の防水対応仕様のものなど、機能面でもバリエーション豊かです。

使う環境やこだわりに合わせて、豊富なラインナップからお気に入りの有線のイヤホンを見つけることができます。

日本オーディオ協会認定の音質を誇るオーディオ変換ケーブルを紹介

一般社団法人日本オーディオ協会は、オーディオとオーディオ・ビジュアルに関わる基準の作成や普及活動を行う団体です。リアルな高音質を楽しめる基準などを定めています。

この協会が認定しているオーディオ変換ケーブルについてご紹介いたします。

『Type-C to3.5mmミニプラグ オーディオ変換ケーブル』は、DACを搭載しているのが魅力です。
DACとは「デジタルアナログコンバーター」のことであり、デジタルからアナログへの変換を担っています。多くの場合、デジタルからアナログに変換する際に音質が劣化してしまうのですが、DACはこの音質変化を防いでくれるのです。

さらに、この変換ケーブルは「HiーRes(ハイレゾ)」に対応しています。

HiーRes(ハイレゾ)とは一体何?と疑問の方も多いと思いますが、「ハイレゾリューションオーディオ」の略称で、従来に比べて高音質なオーディオ、と認識していただければ良いと思います。

『Type-C to3.5mmミニプラグ オーディオ変換ケーブル』は、ハイレゾ対応の機器なので、高音質な音楽を常に聴くことができるのです。

ハイレゾで音楽を聴きたいのであれば、それぞれハイレゾに対応した機器(ハードウェア)と、音楽そのものである音源(ソフトウェア)が必要です。(※再生機器、イヤホン、ファイル形式がハイレゾ対応している必要があります。)

この『Type-C to3.5mmミニプラグ オーディオ変換ケーブル』を使えば、高品質なハイレゾ音源を劣化なしで聴くことができます。

またイヤホンジャックがないアンドロイドのスマホや最新のiPad Proは、端子がTypeーC接続なので、このケーブルを使えば有線イヤホンで音楽を聴くことが可能です。
さらに、強度もあり摩耗にも強い高強度アラミド繊維を使っているので、1日25回以上の折り曲げを5年間続けるという実験にも耐えた強度を誇ります。

耐久性に優れている「 USB Type-C to3.5mmミニプラグ オーディオ変換ケーブル」ですが、もし通常使用で故障してしまった場合は、全て保証対象です。
保証期間中の新品交換は無制限で対応しています。

まとめ

有線イヤホンは原音に近い高音質で音楽などを楽しめます。ケーブルの素材によって好みの音質を選ぶことができますし、音ズレの心配もありません。豊富な種類があるのできっと好みの有線イヤホンが見つかるでしょう。せっかく音を聴くなら、高音質で楽しみたいものです。ぜひ高音質を実現する変換ケーブルを使って、スマホから原音に近い音を楽しんでください。

柔らかくて断線に強い ハイレゾ対応 USB Type-C to3.5mm
ミニプラグ オーディオ変換ケーブル

イヤホンジャックがないiPhoneで有線イヤホンを使って音楽を聴きたい方は、Lightning-3.5mmミニプラグ イヤホン変換ケーブル をおすすめします。

COLUMN CATEGORY

NEW ARRIVAL

名入れサービス
名入れサービス